子供用に最適なスマホと通信業者を考えた結果、今なら楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT × Rakuten Mini) 一択かも(その1)

子供用のスマホとして、昔使っていたドコモのGALAXY S3(SC06D)という古い端末が2台残っていたので0SIM(月間500MBまでのデータ通信は無料)のSIMを差して使用していました。今回、それらの構成を見直したのでメモしておきます。

子供用のスマホは「LINE」と「GPS」が使えれば十分

まず前提ですが、スマホの使用目的は2人の子供(小学生3年、1年)の位置情報を「GoogleMap」で把握すること(GPS)と「LINE」です。

子供用なので、いわゆる「みまもり」的な使い方になります。
迷子になった場合はLINEで通話しながら位置を特定できます。ただ、リュックの外ポケットなどに入っている場合には、LINEの着信などに気づかないことがあるので、そういうときにGoogleMapで位置を把握したりします。まぁ滅多に使いませんけど、持たせていると何かと安心です。端末を紛失した時などにもGPS(GooglleMap)は使えますし、LINEに関しては実家の祖父祖母とはコミュニケーションツールとして使っています。

LINEと最低限のアプリ以外はスマホにインストールしない

基本的にLINEと子供用のキーボードアプリなど最低限のアプリ以外はダウンロードせず、前述した2点(LINEとGoogleマップ)に絞った使い方をします。ゲームは Nintendo Swicth でのみ、ブラウザを使ったネットサーフィンやYouTubeや知育アプリなどはタブレットがあるのでそちらで利用させます。

ドコモのキッズ携帯は使えない

キッズ携帯

スマホ以前はドコモのキッズ携帯を2世代に渡って使っていました。しかし、スマホではないので(いわゆるガラケー)GooglleMapもLINEも使えない時代遅れな端末でした。ドコモから格安SIMに変更した際にキッズ携帯も解約して、今は保管しています。SIMフリーにしてもおそらく使わないでしょう。たしかにファミリー契約なので通話は無料ですが、位置情報を調べる点においてはあまりにも使いにくかったのが印象に残っています。それにLINEが使えないと何かと不便です。

古すぎる端末に限界がきた。

GALAXY S3

今回わけあって端末と通信の両方を変更しました。その理由ですが、これまで無料で使えていた0SIMという神サービスが2020年8月をもって終了することと、端末に関してはandroid4.1というあまりにも古すぎてLINEアプリが利用できなくなったことです。インストールすらできない状況。これまで完璧だった構成が同時につかえなくなるという状態になりました。

まずは通信業者を探してみた(データ通信をとにかく安く)

基本的に「データ通信」だけ利用できればOKという条件です。自宅内では光回線のWifiが使えるので、外出したタイミングだけデータ通信が必要になります。
通話に関してはLINEを使えばデータ通信だけで済みます。「通話プラン」など必要ありません。したがってデータ通信のみでとくかく最安値を見つけることにしました。容量はこれまで500MB制限があった0SIMでも容量オーバーすることもなかったのでそれほど必要ありません。

0SIMに関してはサービス終了にともない契約情報をnuroモバイルが引き継いでくれるようでした。データ通信料は200MBまでだったら月額300円と有料にはなりますが、調べた感じでは最安値のプランになります。ひとまずここに決めよう。とこの時は思っていました。

子供用のスマホ端末は「小さい」が正義。

次に端末を探します。条件は子供でも使いやすいサイズ感で、GPSが搭載されていて、LINEが使えるAndroidのバージョンであること。可能な限り軽いほうがいいです。

子供用ですし、動画を見るわけでもゲームをするわけでもないので小さいに越したことはありません。ただ、小さい端末って高いんですよね。旧式のiphoneSE(4.7インチ)なども新型が出たにもかかわらずけっこうなお値段がします。ちなみに今使っている端末は4.8インチ。重量も139gと軽くて気に入っています。

子供用のスマホ端末は「安い」が正義。

子供用は安い端末でOKです。そもそもLINEとGPSが使えればいいので、今回のように古すぎてLINEが使えないとかなければどんなものでもOKでしょう。小学校には持ち込めないルールだし、今のところ子供同士でスマホのマウントを取り合うこともありません。親が使っていたお古の端末・・スペック的にもこれで十分なはずです。

結局のところ、今使っている端末が使えないのはハードの問題というより、Androidのバージョンが古いのが原因なので、いっそのことroot化して無理やりAndroidのバージョンを上げて、さらにこの古い端末を使い回そうかなとも考えました。
難しそうだけど、過去にタブレットでroot化させたことがあるのでいけそうな気がします。バージョンも4から6までアップできそうだったし・・

とこの時までは思っていました。

楽天モバイルでRakuten Mini を発見してしまう。

さて、話は通信業者に戻ってnuroに変えても良かったのですが、よくある比較サイトを見ていたら楽天モバイルのバナーが目に留まりました。それが↓このバナー

楽天モバイルでRakuten Mini

通常プラン料金2,980円/月(税別)が1年間無料・・・
通常プラン料金2,980円/月(税別)が1年間無料・・・
通常プラン料金2,980円/月(税別)が1年間無料・・・

楽天モバイルでRakuten Mini

Rakuten mini (通常一括17,000円)の端末代金が1円・・・
Rakuten mini (通常一括17,000円)の端末代金が1円・・・
Rakuten mini (通常一括17,000円)の端末代金が1円・・・

つまりどういうことかと言うと。。

「Rakuten UN-LIMIT」お申し込みで、Rakuten Miniを1円でご購入いただけます。※通話・データ通信も1年間無料です。

マジかよ!と思わずつぶやいてしまいました。

通信料が一年間無料で端末が1円とな!

他の方のレビューを調べてもとくに怪しいトラップなどはなさそうです。いわゆる解約金も無く、利用期間制限もありません。やめたくなったら辞めればよいし、端末を返す必要もなさそう。1年後、通常料金に戻るタイミングで別の安い業者に引っ越しもできるという神キャンペーンでした。

さっそくRakuten mini について調べてみました。結果的には契約することになります。続きは後半で・・

rakuten mini


コメント